青汁のパッケージングの違いによるメリットとデメリット

青汁の加工法・パッケージングによる栄養価・価格・利便性の違いをご紹介。粉末タイプが最も多く流通している理由とは。錠剤タイプはどうしても味が気になる方におすすめです。
ヘッダー スマホ用ヘッダー
現在の評価投稿数:
16000

青汁には粉末タイプ・錠剤タイプ・液体タイプがあります

パッケージングによる特徴

青汁のパッケージングを解説する男性

青汁と聞くと液体の状態を思い浮かべると思いますが、
実際に販売している商品を見ると粉末や錠剤・冷凍などその状態は実に様々です。

「粉末」「錠剤」「冷凍」の違いをそれぞれ調べてみました。

もちろん製造工程での違いもありますし、どのタイプにもメリット・デメリットがあるのでどれがいいかは人それぞれですが、青汁を選ぶ際にはこれらの形状の特徴やメリット・デメリットをしっかりと把握した上で、一番自分にあった青汁を選びたいものです。

そこでそれぞれの特徴などをみていきましょう。

粉末タイプの特徴

粉末タイプの青汁

粉末タイプの青汁は原材料の野菜を乾燥させる必要があります。
通常乾燥させるためには熱を加えなくてはならずビタミンなど必要な栄養素が失われてしまいます。

フリーズドライ製法は熱を加えず急速冷凍させるので栄養を損なわないという特徴があります。

液体になった青汁をスプレーのように噴霧し低温乾燥させて粉末状にする製法です。
低温乾燥なので熱の影響を受けにくく栄養を損なわないのが特徴です。

これらの粉末タイプの青汁は常温で保存ができ持ち運びに便利というのがメリットです。
また飲みやすさやアレンジがきくのも粉末タイプのメリットと言え、現在販売されている多くはこの粉末タイプの青汁です。

しかし粉末タイプにもデメリットもあります。
粉末なのでどうしても粉っぽさが残ってしまう事です。
またフリーズドライ製法に関しては、製造工程で手間がかかっている分価格も他のタイプに比べると割高になってしまいます。

錠剤タイプの特徴

青汁の錠剤タイプ

青汁を固形状に固めた錠剤タイプは、サプリメントのような感覚で手軽に青汁を取り入れる事が出来ます
この錠剤タイプのメリットは、携帯に便利なので仕事中でも旅行中でも水さえあればどこででも手軽に飲む事ができます
また飲む込むだけなので青汁特有の苦味も感じることなく抵抗なく続ける事ができるので、味が苦手という人にはおすすめです。

一方のデメリットは、液体ではないので吸収されるのに時間がかかり、また栄養も他の形状のものよりも低いものが多いようです。一度に飲む量が多くなってしまうのもデメリットの一つと言えるでしょう。

冷凍タイプの特徴

粉末青汁のイメージが強く知らない人もいるかもしれませんが、実は青汁には冷凍タイプもあります。

原材料から出来上がった青汁をそのまま冷凍しているので、栄養がそのまま状態で飲む事ができ、
特に粉末タイプなどの製造過程で失われがちな水溶性食物繊維が多く含まれています

栄養価が高いというのが冷凍青汁最大のメリットなのです。

しかしデメリットも忘れてはいけません。
冷凍なので冷凍庫での保存が絶対条件となります。

また飲む時には当然ながら解凍しなければいけませんが、
電子レンジなどで手軽に解凍してしまうと冷凍青汁のメリットである豊富な栄養が熱によって失われてしまいます

そのため自然解凍という時間と手間がかかってしまいます

味の方は青汁らしい青臭さが残っているため飲みにくいという人もいれば、青汁らしくて苦味が健康によさそうという人もいます。栄養重視で多少の苦味は許容できると言う人は冷凍青汁がいいでしょう。

一長一短はある

粉末・錠剤・冷凍とそれぞれの特徴やメリット・デメリットをご紹介しましたが、生活環境やライフスタイルは人によって違うため、どのタイプがいいかも人によって変わってきます。

青汁は継続する事が大事ですので、持ち運びに便利・保存方法を考えると粉末タイプや錠剤タイプに軍配があがるかもしれません。

またコストに関しては、冷凍タイプが高めとも言われていますが、粉末でも加工の仕方によって変わってきます。

相場を大きく下回る価格が安いものは原材料が不明だったり信頼性に欠けるものも残念ながら中にはありますので、まずは各メーカーの商品の特徴をしっかりと理解し、最終的には安全性が高く信頼できる商品、自分の求めている商品を選ぶようにしましょう

納得して選んだ商品は必然的に継続していくものです。