認知症や免疫力UPにも効果がある明日葉

不老の異名を持つ日本原産の「明日葉」をご紹介。
ヘッダー スマホ用ヘッダー
現在の評価投稿数:
16000

明日葉の特徴と期待される効果

明日葉ってどんな野菜?

青汁によく含まれる明日葉

明日葉は日本が原産地でセリ科に分類されます。

同じく青汁の原料として知られているケールや大麦若葉などは海外原産の野菜ですが、明日葉は数少ない日本原産の野菜なのです。

若葉をとっても明日にはすぐに生えてくるのではと思うぐらい成長が早いという例えから「明日葉」という名前が付けられたようです。

この生命力の強さもあり、はるか昔では「不老長寿の妙草」とされており、中国の始皇帝も明日葉を求め日本まで家来をよこしていたとも言われています。

明日葉の成分

明日葉は抗酸化作用のあるβカロテンを多く含んでいる他、カルコンビタミン類食物繊維カリウムなどのミネラル類も豊富に含んでおり、また良質のたんぱく質も含んでいるとても優秀な野菜です。

青汁の原料として使用されている他の野菜類も非常に栄養価の高いものが多いですが、
明日葉はその中でも成分の種類だけではなく成分一つ一つの成分含有量が多いのも特徴

まさに青汁原料としては適役で、その栄養価の高さから最近特に注目をあびている野菜とも言えるでしょう。

黄金のポリフェノール「カルコン」

明日葉を切ると黄色の汁が出てきますが、
この黄色の汁の中にはポリフェノールの一種の「カルコン」という成分が豊富に含まれています。

このカルコンは明日葉特有の成分でありとても強力な抗酸化力を持っているため、
近年では生活習慣病の予防効果なども話題になり注目されている成分なのです。

黄色の汁で明日葉特有の貴重な成分という事もあり、カルコンは「黄金のポリフェノール」とも呼ばれています。
また、このカルコンと同じような働きをもち、抗菌作用や血流改善作用をもつ「クマリン」も明日葉に豊富に含まれています

明日葉の効果

豊富な栄養成分をもつ明日葉には次のような効果があります。

生活習慣病予防

血液中の脂質が酸化すると動脈硬化のリスクが高まると言われています。
明日葉のもつ抗酸化作用はこの体の酸化を防ぐため動脈硬化の予防になります。

また、明日葉特有のカルコンは血糖値を下げる効果があったり、明日葉に豊富に含まれるカリウムは血圧を低下させる効果があるため、糖尿病の改善予防・高血圧の抑制と生活習慣病の予防に効果を発揮します。

便秘改善

明日葉は食物繊維も多く含まれており便秘の改善に効果的です。
また、整腸作用もあるため腸内環境を整えてくれ、大腸ガンなどの消化器系の病気の予防にも繋がります。

美肌効果

美肌に欠かせない成分のビタミンCや、「若返りのビタミン」とも呼ばれているビタミンE老化防止効果があるβカロテンなど、美肌に効果がある成分がたくさん含まれているのも明日葉ならではです。

むくみ改善

カルコンと同じように明日葉に含まれているクマリンは利尿作用があるので、むくみの改善効果も期待できます。

明日葉にはこの他、認知症予防免疫力アップなど様々な効果があります。
どれも明日葉のもっている豊富な栄養成分がもたらしてくれる効果で、栄養成分だけをみるとケールよりも高い栄養価なのです。明日葉は日本が世界に誇る健康食材と言えるでしょう。