時代に合わせて進化する青汁~青汁から見る日本の歴史~

青汁は戦後の食糧難の時に優れた栄養補給品として誕生し全国に広まっていきました。今では世界中でも飲まれている青汁ですが、誕生したのは日本です。現代ではダイエットや便秘解消や野菜不足解消のために飲んでいる人が多いです。
ヘッダー スマホ用ヘッダー
現在の評価投稿数:
16000

青汁が誕生したのは戦争の食糧難がきかっけでした

青汁の歴史

実は日本で一番古い医書とも言われている「医心方」にも「青汁は健康によいものだ」と書かれています

青汁は岡山県の遠藤博士が戦前・戦後の食糧がない時代に葉を食べたところ体調が良くなったという事に気付きそこから葉緑の研究が行われ青汁が健康に良いものだと発見されました

しかし、その独特の苦味などから九州地方の一部でしか飲まれておらず、まだまだ知らない人も多いという状況がしばらく続いていきます。また、テレビのバラエティー番組などでの罰ゲームに青汁が使われていた事もあり、さらに青汁を敬遠してしまう人が多かったのです。

そんな青汁の一大ブームのきっかけとなったのが
青汁のテレビCMのあの有名なフレーズ「まず~い!もう一杯!」でした。

ご存知の方も多いと思いますが、あのインパクトのあるCMが青汁=健康に良いというイメージを与えてくれ、その後の健康志向ブームもともなり健康食品の代名詞へとのぼりつめていったのです。

日本初の青汁

遠藤青汁

今では様々な青汁が製造・販売されていますが、青汁の効能を世間に広めた遠藤仁郎博士が考えたケール100%の青汁「遠藤青汁」が日本初の青汁だと言われています

遠藤青汁」は今でもケールのみで作られていますが、従来の生絞りタイプの青汁だけではなく、顆粒タイプやジュレタイプなど時代に合わせて伝統を守りつつ進化しています。

遠藤青汁はまさに青汁の歴史を物語っている商品だと言えるでしょう。

ブームの火付け役「粉末タイプ」

ブームの発端の粉末タイプの青汁

青汁が健康に良い事が浸透していっても、やはり飲みにくさに抵抗を覚える人も多く、また冷凍や液体だったため管理や保存面に手間がかかると言うのも普及をさまたげている原因でした。

しかし、開発や技術の進歩によって粉末タイプの青汁が登場し持ち運びや管理面でかなり便利になりました

また、ケール特有の苦味を解消し飲みやすくするための研究も重ねられ、ケールにかわる原材料として大麦若葉が注目されるようになったのです。

飲みやすい大麦若葉の青汁が広まり、また粉末状なので料理にふりかけたりアレンジできると言う事もプラスとなり手軽に栄養を補給できる粉末青汁は忙しい現代人の間で広まっていき青汁ブームを巻き起こしたのです。

進化し続ける青汁

飲みやすさを求めて青汁は進化し続けて、新しいタイプの青汁も続々と登場しています。

フルーツ青汁やはちみつ青汁・豆乳青汁・バナナ青汁・酵素青汁など、
従来の青臭い青汁のイメージを覆すようなジュース感覚で飲める青汁が若い世代を中心の人気を集めています。

苦味のあるクセの強い青汁を好む方にはこれらのジュース感覚の青汁に抵抗を感じる人もいるかもしれませんが、青汁は飲んだからすぐに効果が出るわけではなく継続する事で徐々に効果を実感できるものです。

無理なく継続して飲み続けられるためには、やはり味・飲みやすさはとても重要になります。
飲みやすさを追求して青汁は日々進化しているのです。

青汁の今後と市場規模

ごく一部の人気から始まった青汁ですが、健康に気を使う人が増えたのに伴い、急成長を遂げて健康食品の代表格といわれるぐらいまで人気を広げました。

青汁市場も急激に伸びていき、その市場規模は今では1000億円ともいわれています。

また、グリーンスムージーの人気によって野菜栄養というものがさらに注目を浴びるようになり
青汁の人気も今後もどんどん伸びていくと予想されています。

飲みやすい青汁が増えてきたため、
苦味がある本来のケールをたっぷり使った青汁はさらに敬遠されがちになっていまい、ケール青汁の販売は低迷しています。

飲みやすさを追求して作られた青汁は消費者の心を掴み、その結果市場規模を広げています。
時代のニーズに合わせて研究が続けられている青汁の今後にも注目していきたいですね。