飽きてきてしまったら料理やドリンクで青汁摂取

このページでは青汁を料理やドリンクに応用したアレンジを紹介します!料理への応用は粉末タイプが扱いやすいです。
ヘッダー スマホ用ヘッダー
現在の評価投稿数:
16000

料理に追加で新鮮で美味しく

青汁に飽きて来たら…

青汁は飲むだけではなく実はいろいろとアレンジも出来るのです。
青汁に少し飽きてしまったという人必見の青汁のアレンジ方法をご紹介します。

青汁が続かない理由

青汁が続かなくて困っている女性

中には青汁を飲んでいたけれど途中で飲むのをやめてしまったという人もおり、青汁をやめてしまう理由としてよく挙げられるのは次のようなものです。

味に関しては好みがあるので捉え方は人それぞれでしょう。

一昔前のケールが主体の青汁はどうしても飲みにくく敬遠されがちでしたが、最近では大麦若葉などを原料にするなど飲みやすいように改善されています。中には子供もジュース感覚で飲めるような青汁もあります。

また、市販されている青汁は粉末状のものが多いので、水に溶かして飲むという作業自体が忙しい朝は面倒だという人もいるようですが、この面も今は改善され、手軽にすぐに飲めるジュレタイプも販売されています。

このように味や手間に関してはすでに改善済みとなっています。

効果が感じられなかったという人は上記のような理由で継続が出来なかったためです。

青汁は薬ではないので即効性があるわけではありません。
毎日継続する事で少しずつ変化があらわれてくるのです。

その期間は個人差がありますが、効果を感じるためには3ヵ月ぐらいは飲み続ける必要があると言われています。
効果を感じずに辞めてしまったと言う人は、効果があらわれる前に止めてしまった人が多いのです。

アレンジ自在の万能アイテム

食生活の乱れや栄養の偏りは年齢に関係なく問題になっており、青汁を毎日の習慣として取り入れるのはとても意味のある事なのですが、飲みやすくなったはいえやはり青臭さや粉っぽさが苦手だと言う人もいると思います。

そんな時は青汁を料理に使用したり、飲み方を工夫したりいろいろとアレンジしてみる事をおすすめします。

この青汁のアレンジとして「料理」「ドリンク」の2つの活用法をご紹介します。

青汁活用法「料理編」

毎日の青汁に飽きてきたという人は、ふりかけのように青汁を料理にふりかけたり、混ぜてみたりして
食事から青汁が摂取するという事を心がけてみるとよいでしょう。

例えば、揚げ物などの衣に青汁の粉末を混ぜてみたり、野菜を使ったスープに混ぜてみるのも効果的な方法になります。
その他、パスタにふりかけたり、サラダのドレッシングとして利用したりすると、子供でも抵抗なく美味しく食べてくれます。
子供の離乳食やデザートに利用する事で栄養をしっかりと摂る事ができるのです。

青汁活用法「ドリンク編」

料理に青汁をプラスする事で「料理の味が変らないの?大丈夫なの!?」と抵抗を感じるという人は、普通どおりに飲み物としていただきましょう。

ただ、毎日水で溶かしてばかりではどうしても飽きてしまいます。
飽きてしまうと継続するのも苦痛に感じてしまうため、水以外のものに溶かして味のバリエーションを楽しむと良いでしょう。

牛乳・豆乳・ヨーグルト・フルーツジュース

青汁を牛乳と混ぜると見た目も味も抹茶ミルクのようなものになります。
牛乳なのでカルシウムも摂取でき、成長期の子供にはおすすめの飲み物です。

また、豆乳と混ぜると美肌効果も期待できるため、女性にはおすすめです。

牛乳・豆乳と並んで青汁と相性がいいものとしてヨーグルトがあります。
ヨーグルトのほのかな酸味と青汁が意外に合い人気の組み合わせとなっています。

この他、おすすめとしてはフルーツジュースとの組み合わせがあります。
フルーツジュースと青汁を混ぜる事で、ほのかな甘みもあり人気のグリーンスムージー感覚で飲む事が出来ます。

ほんの少し手を加えるだけで毎日美味しく飽きることなく青汁を継続する事ができるようになるのは嬉しい事です。
青汁にちょっと飽きてきたな…という人はこれらの青汁アレンジを試してみて下さい。